Cielo

日記とか写真とか

2009年10月

3日目〜美瑛〜

前日寝てないのもありましたが、夜型の自分がすんなり早い時間に寝れたのはもはや奇跡としか言いようがない…

前日は12時くらいには就寝しました、朝が早いため。

まぁ、どうでもいい前置きはいいとして、この日は富良野(正確には美瑛)行く予定だったので朝5時起きでした。
前日に支度はしておいたので、身支度だけして、函館の朝市をちらっと見ながら食事を取り、7時過ぎに函館駅を出発しました。

hakoekis


そして電車に揺られること3時間ちょい程札幌駅へ到着、すぐにホテルに荷物を預けて札幌駅から美瑛を目指します。
11時発の旭川行きに乗り、旭川駅から富良野線に乗り換えて美瑛に着いたのは丁度13時くらいでした。

あいにくの曇り空でしたが、予報では雨だったので降らないだけマシなので贅沢は言えません。
美瑛駅を降りてすぐレンタルサイクル屋があったので、目的地まで結構離れてることもあり自転車で移動することにしました。

カメラを持ち歩いてるのもありますが、個人的には車や電車の移動より、好きな時に立ち止まれる、徒歩、自転車の移動のが好きです。
いろいろな発見もありますしね。時間に余裕のある方はここではレンタルサイクルの移動がオススメです、のんびりと走りながら景色も楽しめますし、レンタルサイクルにして正解だったなと自分は思いました。ただし、ここ美瑛は丘のまち美瑛と言われるだけに、坂がものすごい多いので体力に自信がない人はちょっときついかもしれません。


若干話が脱線?しましたが話を元に戻します。


レンタルサイクル屋で観光用の地図をもらえて、オススメのルートなどを聞けたので、教えてもらった通りに回っていくことにしました。
まずは北西の丘展望公園を目指します。

自転車でゆったりと周りの景色を楽しみながら、途中の長い坂に苦しむこと15分程、北西の丘展望公園に辿り着きました。
ここは夏場だと回りにヒマワリやラベンダーが一面に咲いているようです。時期は過ぎていましたが、展望台(ちょっと違うかな)から見渡すことができる周りの景色は普段では味わえないものなので、感動ものでした。
お昼ごはんを食べていなかったので、近くのお土産屋さんで、とうもろこしと、コロッケを購入。とうろもろこしは生とうもろこしというものがあり、茹でない状態で食べれるちょっと不思議な食べ物でした。次にケンとメリーの木を目指します。

IMG_2319


IMG_2325


北西の丘の展望公園から5〜10分くらいでしょうか、下り坂だったため移動は楽でした。
実は何がケンとメリーなのか知らなかったのですが調べてみた結果

昭和47年日産自動車の「愛のスカイライン」ケンとメリーのCMに採用され、以来「ケンとメリーの木」と呼ばれている

らしいです。ここの木の近くにお土産屋というか、ここの木のお店というかそれらしいとこがあるのですが、そこにスカイラインが展示されていたのはそのためだったのですね、調べて納得しました…。
ここでもじゃがバターを食べました、食べてばっかっぽいですけど、基本二人で1個を食べてるので実際はほとんど食べてませんので…w
そしてその後美瑛にくる一番の目的だったぜるぶの丘を目指しました。

IMG_2391



IMG_2402


IMG_2388


自転車でゆっくり10分程、ぜるぶの丘に着きました。
ここは沢山の花が咲いている庭園とでも言えばいいのでしょうか、とにかく一面が花畑となっています。
ラベンダーの季節にはラベンダーで満開になるようで、できればラベンダーの季節にもう1度訪れたいものです。
10月の頭でもまだ沢山の花が咲いていて、中でも驚きなのは10月だというのにまだヒマワリも一面に咲いていました。
ヒマワリの他にはコスモス、マリーゴールド等、とにかく色彩豊かな花々が一面に咲いていて、都会では見ることのできない風景はとても美しく印象に残りました。
欲を言えば青空になってほしかった、それだけです…

IMG_2416


IMG_2429


IMG_2500


IMG_2580101309IMG_25807


IMG_2583


IMG_2443


お土産も買って、ぐるっと周り切ったあとヒマワリを撮っているときに事件が起こりました。

なんと、1日中ISO1600で撮っていたのです…、(前日夜景を撮っていたため)なんかSSが早いなーとか思っていたのですが、景色を観る、撮るのに夢中でそこまで頭が回らなかったという…、まぁノイズがひどくてUPできないというわけでもないのですが、やはり高感度に強い5Dといえど、ノイズは出るわけでして、自分的に没の写真がかなり多かったですorz

ちなみに、ぜるぶの丘の写真だけでも撮りなおそうと思った矢先に雨が…
二人とも折り畳み傘を持っていましたが、自転車での移動で雨じゃつらいだろうと判断し、帰ることに。
一応予定のコースは回れたので問題なかったのですが、欲を言えばもうちょい探索したかったです。

雨に打たれながら美瑛駅に戻り、レンタルサイクルを返脚。
ちなみに代金は3時間で1000円弱程(700円くらいだったかな)でした。
1日目の函館駅で学習したため、帰りの電車の時刻は調べていたのですが、地元の学生の帰宅ラッシュ?だったため駅はものすごい混みようでした。ちなみに富良野線は1両編成なため、全員乗り切れるか不安でしたが、どうにか乗れました。


混んでいたけど女子高生に囲まれて幸せでした!!


女子高生いいねぇ…と言ったら、旭川から札幌まで相方の子が口を聞いてくれませんでした…


札幌に戻りホテルにチェックインし、荷物を整理して少し疲れたとのことなので、夕飯は遅めにすることにして少し休憩。
その後知り合いの方のオススメのすすきののジンギスカン屋へ。
ジンギスカンは結構合わない人が多いと聞いていましたが、二人とも初めてでも全然問題なく食べれました。結構有名な場所らしく店内は程よく混んでいました。
ちなみにすすきので店を探すのに20分くらい迷いました…w


ホテルに帰って、あとは寝るだけ!!となったその時また事件が…


なんと1日目に泊まったホテルにコンタクト液を忘れるという事件が…、ホテル出るときに二人で忘れ物ないか確認したにも関わらず忘れ物をするという…
東京と違ってあまり近くに24時間営業のスーパー等は無く、途方に暮れていたのですが、すすきので迷ってた時に、近くにドンキホーテの看板を観た気がしたので行ってみることに。

12時を過ぎていたので無論徒歩で…、自分は結構欝というか情けないなーとか思いながら歩いていたのですが、相方の方はなぜかとても楽しそうでした。(ちなみに液が必要だったのは俺です…)
途中コンビニとか見てみたりして(無論おいてない)、大通り公園を通りすぎ、すすきの付近まで来た時にドンキホーテの看板が!!
売ってるかも不明でしたが、さすがそこはドンキ、かなりの種類を扱っておりました。ちなみにこの時間だと入り口が1個だけらしく、入るのに迷いました…、なんか迷ってばっかの1日…

帰り道に花畑牧場カフェとやらを相方の子が発見して、絶対寄りたいとのこと(甘いものが大好きなためいろいろ食べたかったらしい)
夜のTV塔や時計台を見れて、とても満足そうに

「忘れたおかげでいろいろ探索できて良かったですね。」

と言われてしまう俺…
コンタクト液を忘れて良かったような、悪かったような複雑な気分にw

そしてホテルに帰ったのは1時過ぎでした。

3日目に続く。

函館山〜夜のベイエリア

ロープウェイの往復チケットを買い、いよいよ山頂へ。
およそ10分程でロープウェイは山頂まで着きました。

山頂についた頃はまだ日が落ち始めだったため空はまだ明るく青空のままでした。それでも山頂はものすごく風が強くかなり寒かったです。


IMG_2134 のコピー


IMG_2130 のコピー


周りの景色を楽しんでるうちに徐々に暗くなっていき、いよいよ日が落ちてきました。

IMG_2128 のコピー


夜景を観るのが函館の一番の目的だったのですが、なぜ日が落ちてから行かなかったというと、日が落ちてからの真っ暗になる寸前の蒼い空の夜景が撮りたかったからです。
この空が蒼くなる時間はほんと少なく貴重な時間なため、まだ回りが青空で明るいうちからいったわけです。

日が落ちて空が蒼くなり、ライトアップされていく街並。
まさに絶景でした、さすが日本三大夜景の一つといったところ。
100万ドルの夜景という名に相応しい本当に言葉に表すことができないような美しい景色でした。

三脚が無く全て手持ちでの撮影だったのですが、青空〜蒼空〜夜空と変わっていく景色をカメラにちゃんと収めることができて、資料としてもとても満足のいくものが手に入りました。

IMG_2176 のコピー


IMG_2184 のコピー


IMG_2178 のコピー


IMG_2189


IMG_2183 のコピー


IMG_2265


IMG_2261


IMG_2256


IMG_2206


IMG_2206


日が落ちてから1時間くらいずっと寒さに耐えつつ撮影し、充分に2人とも満足できたので、函館山をあとにしました。
その後、夜景でライトアップされたベイエリアの赤レンガの建物を観てみたいということで、またベイエリアまで戻りました。

一通りライトアップされた綺麗な赤レンガの建物や、港、昼間とはまた違った印象を与えてくれてすごく新鮮でした。

sakay


akareny


akareny5


akareny4


akareny3


akareny2



その後遅めの夕飯へ。夕飯は寒いこともあり、予め知り合いに聞いてお勧めと言われたあじさいというラーメン屋で夕食をとりました。
あっさりとした塩ラーメンは体もあったまり、とても美味しかったです。普段地元の近くのラーメン屋だと豚骨とかが多いので塩ラーメンはかなり新鮮な味でした。

その後は疲れてることもあり、寄り道せずにホテルへ。
これで1日目はお終いです。


2日目以降に続きます、多分…

函館ベイエリア周辺

ホテルに着き荷物を整理して、寄り道しながら函館山を目指すことに。

まずは明治館を目指しました。明治といってもあの菓子メーカーの明治製品が大量展示されてるとかではなく、主にガラス製品、オルゴール等で有名な場所です。
赤レンガで作られた建物は遠くからでも良く目立ち、迷うことなくすぐに見つかりました。
館内はいろいろなガラス製品があり、手作りオルゴールが作れるコーナーもありました(15時くらいまでだったかな)かなり多くの綺麗なガラス製品が置いてあり、女性の方にはオススメの場所です。興味のない男性の方は暇かもしれませんけどw
相方の買い物がかなり迷っているようで長く、ここで40分くらい見て回ってました。自分はこういうのどちらかというと好きな方なのですが、さすがに飽きてきました…

meiji


明治館を出てからは赤レンガ倉庫内のお店を見て回って行きました。
函館駅周辺のお土産の買い物ならいろいろあるここらがオススメかもしれません。

akaren2


akaren


umi yu


ここらでちょっと相方の方が疲れてきたっぽかったので、昼食らしい昼食もとってないことから休憩がてらお店に入ることに。
事前にいろいろお店とか調べてた時に記憶していた、函館周辺じゃ有名らしいハンバーガー屋?のラッキーピエロというお店があったのでそこに入ることにしました。

店内にブランコの席がありちょっと変わった店内でした。自分はオススメの物を聞いてそれを注文、なんとかチキンバーガーとかそんな名前だったような…、相方の方はパフェっぽいソフトクリームを頼んでました。
味はファーストフードにしてはかなり美味しかったです、マックというよりモスバーガーっぽい味かな。

ber


お店を出て、少し暗くなってきたので函館山のロープウェイ乗り場を目指すことに。
かなり長い坂を上っていくのですが、途中に教会があったり、坂の上から海を眺められたりと、楽しみながら登っていくことができました。

saka


kyoukai


途中空を見上げると飛行機雲が、飛行機もはっきり肉眼で確認できました。函館空港が近いからかな。

hikiouki


そしていよいよ函館山のロープウェイ乗り場に到着です。

続く

大沼公園

函館から電車で40〜50分程で大沼公園に着きました、途中車内から撮影したり、大沼駅で停車中に写真撮ったりと、常に新鮮な景色のため退屈はまったくしませんでした。

idou


eki


numaeki1


大沼駅からは徒歩5分程で大沼公園に着きました。
広い敷地内に大きな沼(湖?)があり、豊かな自然に囲まれたとても落ち着ける公園です。逆に言えば風景とかに興味がまったくない方はちょっと退屈に思われるかもしれません。
公園内の沼(大沼だけに沼?以降沼で)は手ごきボートやら遊覧船等で回って見ることができます。また、駅近くにはレンタルサイクルもあり、公園内を回ってみることができます。
今回は相方の方がボートは怖いという理由から徒歩で公園内を回りました。公園内はかなり広く、また隣の大沼駅まで沼は続いているのでゆっくり歩いて回ると時間はあっという間に過ぎてしまいます。

numa



numa2


numa4



一通り公園内を回った後、少しお腹がすいたので近くのお土産屋でアイスやらポテト等のつまむ物を食べました。ここではビンに入っているコーヒー牛乳や牛乳も売っていたりします。
ここの売店で売ってたか覚えてませんが、ほとんどのアイスを売ってるお店にはイカ墨味というものがありました、二人とも地雷を踏むのが怖くて頼みませんでしたが、勇気ある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?まずくても責任はとりません…
大沼名物?のビールなんかもありました、二人ともお酒は飲まないのでこちらも飲んでませんが、ビール好きの方は是非チャレンジを。

大沼公園には3時間程滞在し、また函館に戻りました。
常識じゃん、と思われるかもしれませんが注意点を、大沼公園駅から普通列車で函館に戻る場合は14時過ぎ(2、3分)のを逃すと大沼公園駅に停車する普通列車は次は17時過ぎとなります、それか14時過ぎの森行きに乗り、1度森駅まで行き、森駅から普通列車に乗るというパターンしかありません。(確か)
特急券を持ったり、特急券買っちゃえばいいやって方なら一時間に1本はあるペースでしたが、普通で帰りたいって方は帰りの時刻に注意です。

こうして函館駅に戻り、ホテルにチェックインして、函館山を目指しました。

続く

東京〜函館

1日目

前日に仕事もあり家に帰宅したのが23時30分頃、空港に5時55分までに着かないといけないため、今回はそのまま寝ずに行くことに…

始発の電車でいくと時間的にギリギリなため、相手のことも考えて今回はJR駅までタクシーで行き、そこからJR始発で浜松町まで行きました。5時丁度の快速に乗り、20分程で第2ターミナルに到着、5時30分には2Fの出発ロビーに着くことができました。
さすがにこの時間だと空港内は人が少なく、人の少ない空港はある意味貴重な体験?でした。

kuukou


手続きを済まして、現地で知人に会うためお土産を買ってから搭乗ゲートへ、今まで飛行機を使ったときには全てそのまま徒歩で機内に直だったのですが、今回はバスでの移動だったので、滑走路というか外に下りれたのでちょっと新鮮でした。

kuuu


便は6時40分発だったのですがちょっと遅れて7時頃出発となりました。
窓際なら空の写真が撮れたのですが、通路側だったので断念、雲の上からの写真が撮りたかった…
そんなこと考えてたり、相方と人と話してるうちに1時間程で函館空港に着、バスで函館駅まで移動。空港〜駅までは20、30分といった感じだったかな、景色眺めてるうちにあっという間でした。
空港に着いてからバスで函館駅に異動。その後徒歩でホテルに、ホテルに荷物を預けてそのまま朝食を取りに出かけました。

朝食は朝一のとこのたびじというお店へ、イカの踊り丼が有名とかでそれを食べようと前持って相談していたため、二人とも同じものを注文、このイカの踊り丼というのはしょうゆをかけると名前どおり、イカが踊るというもの、しょうゆをかけたら本当にうようよ動き、正直キモかったですw
写真だとイカが倒れてますが、最初は真ん中に立って?います。しょうゆをかける前に写真をとればよかったのですが失敗しました。
真ん中のイカはあとで食べやすいサイズに切ってくれます。新鮮でとても美味しかったです。イカの吸盤が皿に張り付いて若干苦労しましたが…

tako


tbi


朝食をとり終えたら駅に向かい、そこから大沼公園へ
大沼公園に行くのは当日に急に決めたため、電車の時刻を調べてなかったのですが、二人とも東京の感覚のため、30分に1本は最低あるだろうと思っていたのですが、丁度電車が行ったところで次の電車は1時間後(笑)ぼーっと待ってもしょうがないので駅で再入場していいかを聞いて、海沿いを歩いて時間を潰しました。
駅周辺は海沿いのため景色がとても綺麗で、見るもの全てが新鮮なため、写真を撮っているうちに1時間という時間はあっという間に過ぎ、電車に乗って大通り公園を目指しました。

minato


minato2


続く。

北海道旅行日記  Readme

10月1日〜10月4日までの3泊4日で北海道に行ってきました。
これはその4日の日記となります。
写真の現像の関係から、一気に書くことができず、また本人の都合もあり、記事が途切れ途切れになる可能性がありますがご了承下さいませ。
あと、この記事を書いてる本人は文章力がなく、誤字、脱字が非常に多いので、そこらは生暖かい目でスルーしてあげて下さい。



行くまでのその他もろもろ

長い連休が取れそうなので、前からどこか旅行にでも行こうかな?と前々から考えていました。
遊び及び、ただの休暇目的での長い連休は高校生の時以来でしたので、今回は思い切って今まで行ってみたかった北海道へと行くことに。

本当は一人旅の予定だったのですが、知り合いの人に行くようなことを話したところ、旅行とか全然行ったことなく、北海道行ったことがないので、迷惑じゃなければ連れて行ってほしいとのことなので、ご両親に聞いてOK出してくれるならいいよと言い、まぁどうせ駄目って言われるだろと思っていたのですが、あっさりOKを出してもらって一緒に行くことに。
というわけで4日間の二人旅となったのです。


今回の主な目的は、資料集め(風景とか)だったので主に景色がいいと聞いている場所を独断と偏見でチョイスしました。
よって、ほぼ風景だけの人によってはつまらない記事かもしれません、あまり風景とかに興味がない人は読まない方が無難です。
せっかく読んでやったのにつまらないとか言われても知りませんのでご注意を…

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ